セカンドライン−その2

arimuta

2年前のファーストラインでは放射線がメインで抗がん剤が少なかったため、副作用がほとんどなかった。なので今回も1ヶ月で退院する予定だったが、2回目の抗がん剤は副作用が思ったよりムカつきが出て長引き、また急に師走の寒さになったりで風邪でも引くと抗がん剤を受けられない。念のため入院したまま3回目を受けることにしたためブログ更新が遅くなってしまった。


【10月21日(木)】

●明日からの吐き気止めに備えてデカドロン8錠(0.5mg×4錠.ステロイド系)

【10月22日(金)】

●午前6時半採血午前8時半レントゲン●採血レントゲンともに問題ないなかっので、2回目の抗がん剤点滴をやれることに。初回に出た[吐き気]を出さないようにするため遅発性吐き気止め薬[イメンド125mg]を1時間半前に飲む。(ただシャックリは出やすいようだが吐き気に比べれば我慢出来る)●午前11時半、主治医の若い先生自ら抗がん剤点滴開始。男性だけあって押し込む力が強く少し痛かったが。1】セロトーン+デキサート(吐き気止め).   2】ペメトレキセド(アリムタ)830mg.3】カルボプラチン250mg.12時半終了●私のは2時間で済むが、3日続けて8時間、あるいは24時間3日間の方もおられるので、なんだか申し訳ない気がした。●終わって早速、病棟仲間とカフェテラスに行き、食べられる時に食べておこうと[カツ丼]を注文。(病院食ばかりだと飽きるので昼食は自由食にしてるので)●午後7時頃からシャックリ1〜2回だったのが午後9時頃になると5〜6回になって来たので、コントミントを飲んで一時間後に止まる。●抗がん剤の中には白金など肝臓や腎臓に残ると良くない成分が色々入っており、水を1日2リットル以上飲まなくてはならない。コレが結構苦痛。尿を軽量カップにして尿量を3日間チェックリストに書き込むのも面倒な仕事ではある。
【10月23日(土)】

●2日目.通常朝一番で便が出るが、ウサギのコロコロうんちが3つ。便秘は嫌なものだが大概の人がなり苦労している。●昼食前に娘と蒼空・家内がサプライズ見舞いに来てくれた。カフェでカルボナーラ半分、家内の残ったオムライス1/3、娘の残したチョコレートケーキ1/3を美味しく食べた。蒼空が良く笑って励ましてくれる。ありがとうネ。
【10月23日(日)】

●3日目.午前2時.ベッドを移動する物音足音が騒がしい。●午前4時.みぞおちに急に重みを感じる●午前4時半.救急車サイレン。毎日この時間になると目覚まし時計のように起こされる●午前5時.思い出したようにしゃっくり●午前6時.ドクターヘリのくぐもった羽音がしてこの病院に着陸。命の天使の羽音だと思うと救急車のサイレンより心が安らぐ。●午前5時半.朝焼雲が真っ赤だ。●便を無理やり出そうと頑張るが、ウサギのコロコロうんちが5個。●午前6時起床.25分.ラジオ体操(入院以来欠かさずやっていてお仲間が少し増えた)●午後12時半.カフェで塩野菜ラーメン●午後2時.急に体が重くなり、脱力感が出てきた。
【10月24日(月)】

●4日目の午前4時.胃を誰かに掴まれたようで、少しムカつきそうになるが1回目より軽く済みそうな気配。●体が重く感じる●午前6時.なんとか普通の便が出て一安心。●ウォーキングの速歩をするとムカつきそうになりベッドで休む。●昼前までまどろみ、少しムカつきが軽くなったようなのでコロッケパンと紅茶で済まし少し散歩で気分転換●1時間ごとくらいに周期的にムカつきが波状的に襲来。
【10月25日(火)】

●5日目の午前4時.胃を平手で押さえつけられるようなムカつきがやって来た。昼まで続く。●ムカつき収まらずイメンドカプセル80mgを追加して飲んだ●午前11時.カノンが見舞いに来てくれ気分転換になる。焼きそばはニオイで少し食べてダメだった。家内のツナサンドイッチはニオイなく2切れ食べられた。
【10月26日(水)】

●6日目の午前6時.トイレの臭いでムカつく。●イメンドカプセル80mgを飲む●昼までベッドで安静●昼飯はカフェにてクロワッサンサンドイッチとホットミルク。サッパリとして食べやすい。●H先生がカフェに食事に来られた。私の再発にキラッと光るものを見せてていただいて大変信頼している中堅医師である。若い医師の心もとない言葉遣いで、見放されと勘違いして医者への信頼感をなくしてしまった患者さんの面倒を見てもらうようにお願いした次第。他人事だがその人にとっては生き死にがかかっており、役に立つことがあれば何かしたくなる。これで一安心。
【10月27日(木)】
●午前4時、ん?ムムム。7日目と言うのにまたもや軽いムカつきがやって来た。(通常6日で消える確率が高いのだが)昨夕、「別の吐き気止めを出しますか?」と主治医に提言されたが、お断りした。個人の体質により新薬と言えども全ての人に効くとは限らないことが分かったし、効かない割に高いのもおかしい。エビデンスが定まらないうちは生験に協力するのだから反対に安くても良いくらいだと思うのだが。先週の朝日新聞に良く効く吐き気止めの新薬が開発された記事でも、価格が高いのが問題視されていた。抗がん剤の副作用が無くなれば長期間入院する必要もなくなるし仕事も出来て大いに助かるのだが…。
【10月28日(金)】
●8日目.午前5時30分.ムカつき大使を迎えることなく起床。●採血とレントゲン●家内が好物の穴子寿司や握り寿司を差し入れてくれる。サッパリ食べられて美味。食べ過ぎたので病院内を歩き回って1万歩達成。
【10月29日(土)】
●9日目やっとムカつきが無くなり元に戻る。●孫の七五三の予定日で外出許可も出ていたのだが、台風14号が接近したため来週に延期となった。
【11月3日(水)】
快晴。富士山が顔を見せ始める。富士から北アルプス大菩薩峠、南アルプス、秩父連山、赤城山までぐるりと見渡せる10階からの見晴らしだけは一服の清涼剤。●午後11時、トイレから出た時に処置室から出て来た当直呼吸器内科のN医師と目があった。続いて5〜6人の看護士が出て来てトイレに戻されドアを閉めた。どうやらここ2週間危篤だった方が亡くなったようだ。享年37才、余りに惜しい。●11時30分入れ替わるように救急車。

 

futarigumo

 

【11月5日(金)】

午前6時.採血。午後3:00〜3:30.造影剤CT●造影剤を注射すると、1分もしない間に何とも形容しがたい気持ちの悪い気分になり、アルコールを飲んだように顔がほてる。そしてCTの円内に入り息を止めて移動する10秒ほどで終わるのだが、その間抗がん剤が効いて患部が小さくなっていることを祈るばかりであった。●昼食を抜いていたのでカフェでチーズケーキと苺ミルクを軽く捕った。●午後6時主治医からのCTの結果は、「原発巣と近くのリンパ節の腫れ共に、3割位い小さくなったようで面積比では70%の2乗なので50%近くになったと言うことでしょうか」との嬉しい報告を知らせて頂いた。まだ2回なのに効果が出て良かった。まだ2回残っているが今後の大いに励みになった。明日は一時帰宅で高揚していたが、若き日にお世話になった友人が昨日食道ガンで亡くなったのを知る。私よりも若いだけに唐突な訃報にショック。発見が遅れたのだろう。さぞや悔しかっただろう。

 

秋天に 手と手たずさえ 二人雲

Category: 体のこと   |  コメントは受け付けていません。

Comments are closed.

     

ページの先頭へ戻る