メダカの繁殖報告4

20150920-2
◉越冬した2年生のメダカが6月10日に1匹目を初孵化した後、9月5日までに12回目の採卵をした。(本年最後と思われ、赤ちゃんは只今5匹ほど誕生)7月中に100匹近く、8月にも100匹くらい孵化したので10匹のメダカから200匹近くに増えたことになる。その内100匹近くは孫の友達などに嫁入りさせ、残り100匹くらいを分散した水槽で飼育中。
◉Facebookで何もしないとほとんど共食いされるとのアドバイスをいただいていたので、授精したら(マツモや水槽が突然濁ると授精の印)藻から卵の付いた部分を小さな採卵水槽に入れ、孵化して5ミリほど成長したら年少組槽へ(写真左)、さらに15mmほど大きくなると年長組槽へ(写真右)移動させ、親と対抗出来そうな2cmほどになると3年生・2年生との同居槽へ。今の所この育て方だと1匹も減ることなく育っている。

Category: つれづれぐさ   |  Comment »


お気軽にコメントをどうぞ!



     

ページの先頭へ戻る